FT Nikkei UK Ekiden Logo - White

第1回UK駅伝へようこそ

大和魂を胸に、みんなで歴史を作ろう
2024年6月24日に開催
Days
Hours
Minutes
Seconds
The inaugural FT Nikkei UK Ekiden has begun!
Runner at the Hakone Ekiden in a green outfit and wearing a tasuki sash

UK駅伝とは?

日本で長い歴史を持つ伝統的スポーツイベント駅伝(長距離リレーレース)を、UK駅伝は文化的遺産、スポーツ精神と共に、UKにもたらします。駅伝は単なるレースではなく、団結力や困難に打ち勝つ力、そして目標の共有を祝うものです。

2024年1月に開催された箱根駅伝の100周年にちなんで、UK駅伝を2024年に始動します。

FT CEOのジョン・リディング 「FTは2015年から日経の傘下です。協力と国際的な提携の成功のスピリッツで、今回、初開催される、他にないこのイベントをサポートできることを嬉しく思います。これは、両国の絆と文化を強固にする素晴らしい機会です。」

日経社長兼CEOの長谷部剛氏「FT・日経UK駅伝は、日経とFT、そして日本と英国間の緊密な協力関係を象徴する、統一と共有の精神を体現しています。スポーツという普遍的な言語を通じて距離を縮めるこの歴史的なイベントに日経が参加できることは光栄です。」

レース情報

レースはテムズ・パスを沿い、オックスフォードから始まりウィンザーでゴールの72マイルの美しいコースです。 UK駅伝は、2024年6月24日の月曜日に開催されます。UK駅伝第一回目は十人編成の伝統的な襷を使う長距離リレーです。団結と一体感を象徴するという意味を込めながら襷を使い、感情と興奮を集める役目もあります。

レースの最新情報やボランティアの参加等については、下の「登録はこちらから」か右上の「新規登録」で登録をお願いします。登録者全員にメールでニュースレターをお送りします。

race-information-image-2

ジュリア・ロングボトムCMG、駐日英国大使は次のように述べました。「このイベントが将来にわたって長く続き、日本と英国の絆を一層深めることに寄与することを願っております。」 →駐日英国大使、ジュリア・ロングボトムCMG氏「このイベントが今後も長く続き、日本と英国の絆を一層深めることに寄与することを願っております。」

コース

こちらが仮のコースマップです。

run-for-cause-image

走ることで支援する

参加ランナーのみなさんが一足進むごとに、より大きな支援への貢献につながります。初開催の年は、日英の慈善団体を1つずつ選び、両国のつながりをさらに前進させます。

また、ランナーがご自身で選んだ慈善団体のために寄付を募ることも可能です。

UK 駅伝はコミュニティインターレストカンパニー(CIC- Community Interest Company という英国の会社形態で2005年に誕生した利益を社会的課題の解決に使う会社)であり、利益は全てチャリティに寄付します。毎年、日本とイギリスの慈善団体を選び寄付していく予定です。今年は石川県の能登半島地震と英国のスポーツ関連のチャリティに寄付する予定です。 勿論ランナーの皆様が個別にチャリティーランをすることも可能です。(英国では支援する寄付団体を選択し、家族や友人からファンドレイジングサイトで応援の寄付を集め走るランナーが多い)

創設パートナーたちから一言

チャレンジの準備はできましたか?

チーム枠への登録は終了しました。 皆様の熱意と関心に感謝いたします。 こちら で引き続き定期的なニュースレターや当日のボランティア情報をご覧いただけます。

ここで来年に備えましょう!

ja日本語

UK駅伝についてもっと知る

Sign up here to receive the latest news about the UK Ekiden.

The team places are now full, but we’d still love to keep in touch with you.