FT Nikkei UK Ekiden Logo - White

襷(たすき)とは?たすきが象徴するもの、その文化的意義と駅伝における役割を探る

駅伝には、ランニングシューズを履いて道を走る以外にも、仲間意識、努力、そして一切れの布でできている大切な「襷(たすき)」という要素が伴います。走者が肩から斜めにかけて使うたすきは、布製のシンプルなものながら、駅伝において極めて重要な役割を果たすとともに、より深い文化的意義も持っています。

たすきは、各チームが共有する努力と、走者の相互のつながりを象徴します。一人ひとりのメンバーはたすきを渡す際に、責任と信頼、そしてチームの団結心も次の走者に引き継ぎます。この伝統は駅伝の起源にさかのぼり、複数の走者が距離を越えて重要な知らせを伝達するという、古い日本の通信制度に由来しています。

しかし、たすきは駅伝という枠の中においてのみ重要視されているわけではなく、幅広く日本文化に根ざしたものです。伝統的に、たすきは着物の袖を邪魔にならないようまとめておくための実用的な衣類小物であり、作業や戦いのために身体を動かしやすくするためのものでした。やがてその役割は実用的なものにとどまらず、「心構え」「覚悟」「協力」といった象徴的な意味合いを表すところにも広がっていきました。

駅伝競技において、たすきはチームの区別や走者の交代を示すための実用的な道具である以上に、競技の根底にある結束と目的の共有を常に思い起こさせる役割を担っています。たすきをかけて、レースに向かうとき、一人ひとりの走者は身体的な挑戦だけでなく、より深い文化的伝統に関わることになります。

2024年にイギリスで駅伝を開催する準備を整えるにあたり、競技において「たすき」をご紹介することも楽しみにしています。文化的な象徴に富むたすきが、ランナーと応援する人々の双方の体験にきっとユニークな側面をもたらしてくれるはずです。たすきがランナーからランナーへと受け継がれるとき、私たちはそこに込められた努力と団結の思いを共有し、駅伝の精神に共感して、日本の伝統を少しだけイギリスの地にもたらすことができると信じています。

ja日本語

UK駅伝についてもっと知る

Sign up here to receive the latest news about the UK Ekiden.

The team places are now full, but we’d still love to keep in touch with you.